Archive for the '未成年に出会った時の対処法' Category

未成年の家出少女と遭遇しないために

日曜日, 11月 22nd, 2015

未成年の家出少女も、本来は使用してはいけないのにも関わらず神待ち掲示板や出会い系サイトなどを利用して、自分を泊めてくれる場所を提供する人も結構多いんです。
だから、神待ちの家出少女の中でも未成年と間違っても遭遇してしまわないように気をつけなくてはいけません。

神待ちで未成年と遭遇しないようにするには

未成年を相手にしてしまうと、それで犯罪になってしまいますので未成年の家出少女を家に泊めてしまわないように、まず出会わないようにすることが大事なんですね。
そのためには、待ち合わせのためにインターネットを利用してSNSや掲示板などでやり取りをすることになりますが、そこで必ず予め年齢確認をすることです。
とりあえず自己申告でも、相手から年齢を聞き出しておけばそれが保険になりますからね。
相手のメッセージで年齢を自己申告しているところをスクリーンショットで撮影しておきましょう。

未成年を見極めるためにちょっとした探り

もうひとつ、カマかけのやり方として一緒にご飯を食べるときにお酒を飲む店に行くから年齢確認できるもの持ってきてね、と言っておくといいでしょう。
そこで、渋ったりするような人は未成年であることが多いので、そういう家出少女とは会わないようにしましょう。
だから、相手がお店でお酒を飲めるかどうかという部分で最初に探りを入れておけば、相手が自己申告での年齢をごまかすようなことをしてきても相手が未成年か確認できます。

未成年の家出少女と遭遇してしまったら

土曜日, 11月 21st, 2015

神待ちは、基本的に今は主流がSNSやトークアプリを利用することが多いですね。
サクラなど、サイト運営側の業者が介在したりしにくいので、騙されにくいというかサイト上で無駄にお金を使わされるということはなくなります。
しかし、その代わりSNSやトークアプリは比較的年齢確認がゆるいところもありますので、中には未成年利用者がいるというところがポイントです。

未成年者の家出少女は泊めてはいけない

家出少女は比較的若い子が多いのですが、18歳未満の未成年の家出少女は家に泊めた時点で告訴されると未成年誘拐が成立します。
それが、たとえ本人に了解を得ていることであっても同じなので十分に気をつけてほしいですね。

未成年の家出少女と遭遇してしまったらどうするか

万が一、約束をした相手が未成年であることが発覚した場合は、とにかく家に泊めることをやめて未成年であるならばやっぱりなしで、というようにしましょう。
また、虚偽告訴を後で逆恨みでされたりしないようにできれば警察にそのまま行って、未成年者が家出少女として活動していたということを報告しましょう。
神待ちサイトは元々18歳未満の利用は禁止されているサイトですから、成人が利用すること自体は違法ではありませんからね。
相手の方が違法があるわけですから、自分が先んじて報告をしておけば後々で疑われることもなくなるかと思います。
未成年と知らずに連絡をして待ち合わせをしてしまった場合もしっかり対処しましょう。

制服家出少女と待ち合わせ場所で出くわしたら

金曜日, 11月 20th, 2015

家出少女と神待ち掲示板や神待ちサイトなどを利用して知り合って、実際に待ち合わせをしてから顔を合わせると、実は相手が未成年だったというパターンもあります。
特に、見た目でパッとわかる高校生くらいの子で制服を着ている子なんかもいるんですね。
女子高生でしかも若い子となると、ラッキーでつい乗り気になってしまう気持ちはわかるのですがそれは絶対に乗ってはいけない甘い罠です。

女子高生相手は100%アウト

まず、18歳未満の女性である確率が高いのですが満18歳になっていても相手が高校生の場合は、連れ込んだりセックスをすることは違法になることがありますので気をつけましょう。
また、相手が女子高生だとパッとみてわかる制服姿だとそのまま移動する時点で非常に危険です。
制服姿は目立ちますから、駅などで待ち合わせをすると目撃されやすくなりますからね。

相手が未成年だった時はどうするか

まず、神待ちでは待ち合わせのときに正直に待ち合わせの場所に行くのではなく待ち合わせ場所付近を覗いて、パッとみて待ち合わせの相手が未成年かどうかを判別しましょう。
特に、女子高生の制服姿の場合はそれだけで手を出してはいけない相手だとわかりますよね。
だから、その時は相手に声もかけず使っていた掲示板とメールアドレスなどを変更、破棄するなどして連絡を取れないようにし、その場から立ち去るといいでしょう。
そういう場所で知り合った未成年の家出少女とは接触するだけリスクがあがります。